ほい

ほい

無責任なぶろぐ

だるおの日常~ネットワークビジネスな~

はあーだるいだるい

んなことやってらんねーとだらだらとブログを更新。

 

 

ほんとやってらんねーよなと日々思うときがあるわけですよ、23歳

 

現在ビットコインにハマって学校を休学した身なんですけど、なにやらなんかネットビジネスをやっているのでは?と怪しい目で見られた。

 

 

 

 

はあ、、、

やっぱり風呂上がりは鏡月だな。。

 

 

 

怪しいというより心配されているのかもしれない。まあ、きっと心配だろうね。

そう信じたいね。気持ちは受け取った。まあ、どっちにしろそういう聞き方をされるとかなり心外なわけですな。ええ。

 

 

なにか自分という存在全てを全否定される気分を味わいますな。

仮想通貨を疑う気持ちは分かる。実際、仮想通貨なんて日本では全然普及してないし、未知なるものに対する抵抗の気持ちも分かる。

 

もし仮に疑うのであれば、僕を疑うのではなく仮想通貨を疑い、仮想通貨のことを少しでも調べてほしい。

 

そう思うわけですな。

 

 

想像して欲しい。

 

 

仮に君に大好きな異性ができたとしよう。

それを家族、友達らに話した。

 

しかし彼らは、そこでろくに異性のことを知ろうとせず、その異性を否定し疑う

そしてそんな異性と付き合う君をも疑う。

 

 

いまのぼくはまさにこの状況だ。

 

 

 

はああ、まったく世の中どうかしてるぜえええええ

 

 

 

 

今一度僕の活動内容をまとめておく。

ここから先の判断は任せる。

 

・週一のブログ更新

cryptocurrencynote.hatenablog.com

このブログは、Twitterやブログで得た仮想通貨の1週間分の情報をまとめている。

 仮想通貨界隈はとにかく動きが早い。目まぐるしく新しい情報が入ってきては賑やかす。二日も離れれば浦島太郎だ。目新しい技術・専門的知識が必要な情報・真偽がよく分からない情報。そんな状況もありメディアはまともな記事をほとんど書いていない。

 そんなわけでこのブログは個が発信した情報を集結している。企業がキャッチして発信するよりSNSを用いた個の発信速度は何百倍も速い。正確性に欠ける部分もあると思うかも知れないが、見ている限り圧倒的に個の発信したツイートやブログの方が確かだと経験でいえる(中には広告収入のためデタラメ記事を書く消耗人もいるが)。

 むしろメディアの発信する内容は嘘ばかりだ。これで金もらって生きているのかと不思議に思う。いやいやそんなことはない、おまえの頭がおかしくなったんだと思うなら、どうぞこのブログをみて欲しい。

 まあ、仮想通貨の特性上、有益な情報を発信していくことでコミュニティが発展され自分の持っている通貨の信用を高めるという利己的な部分も関わっていると思うのだが、、。それはそれで個人的におもしろいと思ってみている。

 

久々にテレビをみても、国会議員の足の引っ張り合いや他テレビ局民の不倫騒動などアホかと思うことしか報道してないね。

 

 ・Memorychainで電子トレカの販売

Memorychainというのは企画の名でBook of Orbsというスマホアプリの中で行われている。VALUというにわか仮想通貨サービスが流行ったっぽいが、アレは人間株式。こちらはイラスト株式と思えばいいと思う。

詳しいことは過去記事を読んで。

dhpkww12.hatenablog.com

 

 まあ、ビットコインなにそれ?という方にはこれがどうしたって反応になるのは至極当然だと思う。ビットコイン知っていてもメモリーチェーンの素晴らしさに共感するのは極まれだと思う。 

 ビットコインによりデジタル世界の中に希少性という概念が誕生し、それを利用してデジタルのトレーディングカード化を作成したにすぎないのだから。カード自体にたいした価値もないしコレクションすることだけしか価値はない。というか購入しなくてもアプリ上でカードを閲覧可能なのでコレクションすることに価値は正直今のところない。要は日々の生活に消耗した仮想通貨界隈の方々がノリで買って、うわーなんかとりあえずすげー的な感じになっているともいえる。そう、全ては雰囲気だ。

f:id:nemkd12:20170504234833p:plain

↑これが自分が作成したカードでアプリ上で購入できる。

みんな仮想通貨界隈でアホになっているか、このカードがまあ売れる。感謝。

これをネットワークビジネスと呼ぶのかは任せる。とりあえず念のためもう一度言うが、僕の売っている商品は黄色の謎キャラクターイラストカードだ。イラストの名前は「WACKNAKAMOTO(訳:奇妙なナカモト)」だ。

 

あと、「WACKWATANABE(訳:奇妙なワタナベ)」というカードも売っているのでそちらもアプリをDLしてぜひ見て欲しい。

 

ちなみにゲームの世界にも出る可能性を秘めているのでよろしく。

 

 

・WACKSHOP

suzuri.jp

 こちらはネットショップ。

Memorychainというデジタルの世界でしか存在しないイラストを、ステッカーにしたりTシャツにしたりして販売している。

やはり、究極のアホといえる数名の方がステッカーを購入してくださった。

非常に感謝している。これをネットワークビジネスと呼ぶのかは任せる。

にしても、イラスト一枚書くだけでここまで簡単にビジネス展開ができるとは、世界は広いぜ全く。

 

 

・当ブログの更新

気が向いたら更新しているが最近は書こうとしても、途中で興味が別のものに移り、書く気を失うという日々が続いている。ちなみに、アマゾンのアフィリエイトで一冊分の収入(数百円)を得たり、モナコインの歴史の記事を書いたときには多くのモナ界隈の方々から投げ銭を貰えた。ありがたい。

これをネットワークビジネスと呼ぶのかは任せる。

 

あとは、だらだらと仮想通貨関係のことを調べたり、プログラミング試したり、本やアニメみたり、そんな感じ。ブロックチェーン大学校というところで仮想通貨技術であるブロックチェーンということも深く学んだ。

 

 

これをいわゆるネットワークビジネスに繋げるのかもしれない。それは貴公の想像に任せる。

 

 

 

p.s.

 なるほど。これがネットワークビジネスな。。

matome.naver.jp

viral-community.com